イガラ

庭の手入れをしていた時、ピリピリっとはしる痛みを感じました。もしかして毛虫?と思って葉っぱのまわりを調べてみましたが、毛虫らしきものは見当たりませんでした。

 

それからも時々庭の手入れ中に同じようなことがありましたが原因はわからず、きっと目に見えないほどの小さい虫がいるのかもね、なんてあきらめていました。

 

そんなとき、ご近所さんから「イガラ」のことを聞きました。鮮やかな緑色で3mmくらいの小さいダンゴムシみたいで、体中に毛が生えていて葉っぱの裏にいるとのこと。体の毛に触れるとピリピリと電気が走ったような痛みが数日間続くので、電気虫とも言われるそうです。

 

我が家の庭の葉っぱを調べてみたら、やっぱりイガラがいました。しかも1枚の葉っぱの裏に10匹くらいの大群になってくっついていました。まだ子供だったようで、早めに葉っぱごと切り取ってビニール袋に入れて処分しました。

 

あんな大群があちこちに散らばったら大変です。それからもこまめに葉っぱをチェックして、見つけたらすぐに駆除しました。小さい庭ですが、いろんな虫が生きているのですね。

 

実は、最近、私は家族と相談しながら、自分の以前の仕事経験を生かし、ティーネットジャパンのよう会社の情報を検討し、また働きたいと思っています。その分で、庭のお手入れがこまめにできなくなっても、なるべく薬は使いたくないので、虫達と上手につきあっていこうと思います。

 

虫だって立派な命だから、うちに遊びにきてくれて、楽しいことはたくさんあって、いつもありがとう。

ベースの今

昔初めてベースを買った時は、今から25年前、つまり1989年でした。

当時はヴィンテージ楽器と言っても、フェンダーのオールドでも50万円以下で買えたものだけど、今では状態が定かではない楽器でも、平気で100万円とかで売ってたりするのです。

全然関係ない話だけど、http://bn.bk-web.jp/2010/1002/person.phpを見て、100億円の宝くじが当たったら、好きなようにヴィンテージ楽器が買えたら、どんだけ幸せなことなんですか

最近ではデジタル音源の急激な普及で、楽器を弾けなくても生楽器の様な音が出るしね(;^_^Aまーそんな訳で楽器を弾くっていう人自体が昔より減っている事も楽器の値段高騰に影響している気がするって完全に足元見られてるなwあとは昔よりも安くてクオリティの高い楽器が増えているのにも驚かされます。

アンプとかも10万切って、高音質なステージでも使えそうなのがいっぱいあるし、ベース本体も、組み立てだけを発展途上国で行っている「廉価モデル」みたいなのもいっぱいある訳だが、いずれもクオリティが高い!!!

これは発展途上国の下請け技術が向上している事が影響しているのかはたまた楽器を弾く側の求めるレベルがアップした事で、劣悪が楽器が市場から姿を消したのか・・・

いずれにしても、クオリティの高い楽器を安く、しかもネットで簡単に手に入るなんて素晴らしい世の中になったもんだ。むかしは掘り出し物を探して、楽器や巡りをしたものだが、今は部屋を出なくてもネットで世の中の楽器を調べられるし、比べられるから

同じ楽器でも、ちょっとでも安いのが見つかればそっちにしようかなぁって事が出来ますw

ヴィンテージ市場は強気だが、一般的な楽器市場は完全に顧客有利な良い時代になってきています

その影響か、楽器も洋服も、高価なヴィンテージではなく安くて新品で「ヴィンテージ加工」をしている「レリック加工」の「ヴィンテージ風」が人気!!

新品だから安心だしね♪

ネットで海外旅行気分

海外の情報を得る時、結構役に立つのが「Google Earth」です。


私も行ってみたい場所などは、旅行雑誌等で見たりするほかに、このサービスを利用して行った気になってみたりします。


パソコンの前に座り、イースター島を見たり、ナスカの地上絵を見たりするとすっかり気分は、海外旅行。


後は、最近動画をよく見たりします。


「Youtube」などには、日本に住んでいる海外の方が日本の紹介ビデオを作成して配信したりしています。


結構、再生回数が多く、コメントを見ても好意的だったりすると、日本人として嬉しかったりします。


この様なツールが沢山あるのですが、ニュースも動画で見たりします。


有名なのだけではなく、地方の職人さんが民芸品を作る工程だとか、知らない会社のニュースを見るのも旅行で初めて入るお店にワクワクする感じがあったりします。


先日も動画をたどっていたら、「ティーネットジャパンのニュース」という企業紹介のページに行きました。


このティーネットジャパンという会社、高松に本社がある会社で全然知りませんでしたが、日本だけではなく海外にも関連会社がある大きな会社。


こう言う会社に入ると海外に赴任したりして、現地の色々な場所も行けたりするんですかね?


今度は、防水機能付きのタブレットでも買って、お風呂で動画をゆっくり入ってもいいかもです。




残り湯

入浴剤の入ったお風呂の残り湯、みなさんはどうされてますか?残り湯の再利用といえば、洗濯に使うのが一般的ですが、入浴剤が入ったお湯は洗濯に使っても大丈夫なのかしら?ときっと悩んでしまうことでしょう。

実は、入浴剤入りの残り湯、洗濯に使ってもOKなんです。

洗剤成分を妨げる成分は入っておらず洗浄効果には問題ないそうです。

ただし、すすぎは真水で行いましょう。

またつけ置き洗いにこの残り湯を使うと入浴剤の色素が洗濯物に接触する時間が長くなり、洗濯物に染着する可能性が高くなるのでやめましょう。

一つ注意点は、軟仕上げ剤を入れるときに残り湯を使うと、まれに入浴剤の色素が洗濯物に染着する場合があります。

一度染着すると漂白剤を使って洗っても落ちにくくなったり、前回の洗濯の際の柔軟仕上げ剤が洗濯物に過剰に残っていた場合、その部分に染着することがありますので、柔軟仕上げ剤は決められた分量をご使用しましょう。

漂白剤はしようしても問題ありません。

また、時入浴剤入りの残り湯をプランターの植物や鉢植えなどに使っても大丈夫なのでしょうか?こたえは○です。

植物への影響は安全性が確認されています。

ただ、バラ科の植物は塩分を嫌うので、使用はさけた方が良いでしょう。

掃除にも残り湯を使うという人もいるかもしれませんが、残り湯には人の体の垢や汚れが含まれているので、入浴剤が入っているいないに関わらず、さけた方がよさそうです。






入浴剤

寒い冬のお風呂は格別です。

バスタイムを格別にするために、入浴剤をつかっている人もたくさんいると思います。

お店には様々な種類の入浴剤が売られていますが、みなさんはどうやって選んでいますか?入浴剤には、無機塩類系、炭酸ガス系、薬用植物系、酵素系、清涼系、スキンケア系と結構な種類があります。

無機塩類系は塩類が皮膚の表面の蛋白質と結合して膜を形成し、この膜が身体の熱の放散を防ぐために、入浴後の保温効果が高く湯冷めしにくくなります。

特に硫酸ナトリウムは皮下組織の賦活作用、修復作用があり、あせも、ひび、あかぎれ等の予防に効果があります。

また、炭酸水素ナトリウムは石鹸と同じように皮膚の汚れを乳化し、清浄効果があります。

炭酸ガス系は、炭酸ガスの血管拡張作用を有効利用したものです。

お湯に溶けた炭酸ガスは皮膚吸収により皮下内に入り、直接血管の筋肉へ働きかけ血管を拡げます。

血管が拡がると末梢血管の抵抗が弱まるので血圧が下がり、血流量が増え、その結果全身の新陳代謝が促進されて疲れや痛みが回復します。

また血液が体表面の熱を全身へと運び、身体の芯まで温まります。

皮下内に入った炭酸ガスは、肺から呼吸によって体外へ排出されますので、身体の中に蓄積するようなことはありません。

薬用植物系は、生薬の種類によって異なりますが、生薬に含まれている化学成分の働きと、独特な香りの働きからなりたっています。

生薬はそれぞれ長い歴史の中から生まれ、その効果は医療薬として欧米でも高く評価されています。

血行促進効果や湯冷め防止効果があります。

酵素系は、生物の体の中で作られ、蛋白質や脂肪、澱粉等を分解して消化や洗浄を助ける効果をもっています。

入浴剤に酵素を配合する目的は、皮膚に無理な刺激を与えずにきれいにし、他の成分と一緒に入浴効果を高めます。

人の皮膚表面の角質層は、温度や刺激から体を保護する働きを持っていますが、落ちにくい毛穴や皮膚の汚れに作用して、汚れを小さくしたり別の形に変えたりして洗い流しやすくします。

その結果、入浴後は清潔で滑らかな使用感になります。

清涼系は、夏の入浴を快適にするためのもので、主にメントール、炭酸水素ナトリウム、硫酸アルミニウムカリウムを配合して入浴後の肌をサッパリさせます。

スキンケア系は、保湿成分が入浴中に皮膚に吸着浸透し、スキンケアをします。

特に冬の乾燥時は、入浴後過度に角層中の水分が失われ、お肌のかさつきが起こりやすくなっていて、入浴剤によるスキンケアが重要となります。

また入浴で膨潤したお肌は、浸透し易い状態になっているので、保湿成分が肌の表面に吸着するだけではなく、角層内部にまで浸透していきます。

その結果、入浴後はお肌がしっとり、すべすべになります。

それぞれの効能を知ると、入浴剤選びもまた楽しくなるのではないでしょうか?